忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[]
top
【2017/12/17 22:41 】
簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン
有島 薫
小学館 刊
発売日 2004-09-30



素敵な薔薇を可愛らしく! 2006-11-29
一人暮らしのベランダで薔薇を鉢植えにして育て始めましたが、「やっぱり地面に植えて大きく育てなきゃ薔薇らしく無いかな…」と後ろめたく思っていました。

そんな時に偶然こちらで見掛けた紹介を読み、早速本を注文しました!



ミニでは無い薔薇を剪定でこんなにコンパクトにして良いんだ?!と驚き、またどの作例も素敵なので、自分でも色々な品種を育ててみたくなりました。

「花の色が好みだけど、ツルじゃ大きくなるし…」とお店で見て諦めていた薔薇にも挑戦したいです!

基礎知識もとても為になりました。可愛らしく薔薇を育てたい方に是非お勧めします!


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
CATEGORY[ガーデニング 薔薇の育て方]
top
【2007/08/12 16:00 】
イングリッシュ・ローズ (ガーデニング大好き)イングリッシュ・ローズ (ガーデニング大好き)
白砂 伸夫
講談社 刊
発売日 2005-05-19



素晴らしい!! 2006-12-15
初心者の私が読んでも判りやすく、何より写真が素晴らしい!

これを読んで、イングリッシュローズの虜になり、今年は7本のもの苗を

購入してしまいました。

植える場所を確保してから開かなければならない本です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


CATEGORY[ガーデニング 薔薇の育て方]
top
【2007/08/12 16:00 】
青いバラ (新潮文庫)青いバラ (新潮文庫)
最相 葉月
新潮社 刊
発売日 2004-05



科学はロマンスを大成できるものなのだろか? 2005-01-04
blue rose[青いバラ]とは不可能を意味する言葉である。
なぜ不可能なのか?
バラには青い色素がなく交配しても創ることは不可能だからである。
現代人には科学があり、ソレが事実と知っている。
ではなぜ何世紀も前の人間がその事(不可能)を知っていたのか?
科学とは程遠いその時代に。
日本では自らの人生60年以上に渡ってバラの育種に貢献した男、鈴木省三は言った。
「青いバラが出来たとして、さて、それが本当に美しいと思いますか?」
青いバラを育成させるのは果たして神への冒トクなのか?
決して大袈裟な話ではありません。
あらゆる角度から青いバラの謎に迫ります。
驚きと感動が交差します。


さらに詳しい情報はコチラ≫


CATEGORY[ガーデニング 薔薇の育て方]
top
【2007/08/12 16:00 】
つるバラの庭―村田晴夫のバラの庭作り (入門編)つるバラの庭―村田晴夫のバラの庭作り (入門編)
村田 晴夫
ブッキング 刊
発売日 2004-04



つるばらの庭造りはこの一冊 2006-01-27
 つるばらにはとても沢山の種類があって、とくにその性質が千差万別なので、いろいろな庭造りが楽しめます。この本は、そのことを丁寧に教えてくれました。

 著者は、ばら栽培のプロであることはモチロンでしょうが、加えて、素人の立場に立って分かりやすく解説してくれています。ばらつくりは難しいといわれていますが、それはそれぞれのばらの個性を理解すれば難しくない、とは著者の名言だと思います。特につるばらについてはそういえると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


CATEGORY[ガーデニング 薔薇の育て方]
top
【2007/08/12 16:00 】
オールド・ローズとつるバラ図鑑674オールド・ローズとつるバラ図鑑674

講談社 刊
発売日 2006-03



樹形が分かりやすい 2006-12-09
代表的な674種。写真は普通に花のアップ。枝の感じはちょっと分かりにくいけれど受賞品種、ローズヒップの鑑賞できるもの、がマークで分かりやすく記載されています。樹形図があり、これが私の気に入っている点です。人間の絵の隣に樹形図画あり、枝がブッシュか直立性か横ばりかなどひとめでわかりやすい。花期もグラフになっていて返り咲きといっても夏なのか秋なのかこれも一目でわかりやすい。ローズヒップの写真も巻末ごろに集められていて品種選びの参考になる一冊です。とげの記載は少ないのがちょっと残念ですが、ハンディーな図鑑として良い本だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


CATEGORY[ガーデニング 薔薇の育て方]
top
【2007/08/12 16:00 】
| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]